読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大三島移住日記〜目指せお茶農家〜

しまなみ海道の真ん中、大三島での移住日記です。

お茶の苗

今回は写真無し!

 

近々植える予定のお茶の苗

べにふうき

紅茶品種で花粉症に効くと言われているメチル化カテキンを多く含んでいる品種

・さえみどり

緑茶品種で渋みが少なくまろやかな味だそうで「世界一受けたい授業」でも紹介されたとか

全然知りませんでしたが…

テアニンが多く含まれていて不眠やストレス解消によいとのこと

 

べにふうきは本日発送なので明日明後日ぐらいには来ちゃいます

まだ伐採終わってないのに…

とりあえず置いとくしかないですね

さえみどりは2年生苗を買ったのですが

今日連絡がありスス病にかかってしまったそうで

1年生苗になってしまいます

来年ちょっとお茶摘み出来るかなと思ってましたが再来年になりそう

と言っても本格的なお茶摘みは4〜5年後ってとこでしょうが…

来るのは4月頭ぐらい

さえみどりが来る頃には植え付け準備が終わってるようにしないと…

来週はお休みとって伐採&穴掘り三昧です

竹ごはんリベンジ

竹ごはん試作5回目

 前回は水が多かったためべちょべちょに

今回はしっかり規定量

後は火力の維持をするために木炭主体で

まずは竹炭に火をつけ

次に木炭投入

ある程度火がついたら

f:id:irom-y:20170323212948j:image

米炊き開始

さすが木炭

ずっと火力が強いまま

竹炭の時はずっとちょこちょこ足していたがその必要無し

沸騰するのもちょっと早い

炊きあがりまで竹炭の時は1時間弱

今回は4〜50分

f:id:irom-y:20170323222201j:image

わりかしいい感じ

f:id:irom-y:20170323222216j:image

竹の器によそって

筍の煮物をのっけて

f:id:irom-y:20170323222458j:image

完成!

今までで一番まともなご飯が炊けました

これだったら商品として出せる

後はオペレーションとか準備とか色々やることありますが

とりあえずなんとか目処がついた感じです

よかったよかった

 

 

伐採は続く…

今週で伐採を終わらせ来週からは穴掘り!

と意気込んでいたが

なかなか思うようにはいかず

まだもうちょっとかかりそうですね

ちなみに写真は撮り忘れ

かなり開けて明るくはなりました

f:id:irom-y:20170319222339j:image

こちらは京都の一保堂

この三連休+1日で実家に帰省中です

京都行って大阪行って…

どうせ帰るんだったら買い出しを

ということでお茶屋さん行ってきました

またお茶が増えた…

f:id:irom-y:20170319222641j:image

こちらは紅茶専門店

紅茶も仕入れてきました

またぼちぼち書いていきます

 

・今日のお茶

飲んだのは今日じゃありませんが…

f:id:irom-y:20170319222900j:image

こちら尾道紅茶ヌワラエリア

f:id:irom-y:20170319222948j:image

スリランカヌワラエリア地方で栽培された茶葉を使っています

特徴は

f:id:irom-y:20170319223134j:image

写真ではわかりにくいですが

緑茶のような緑がかった茶葉の色をしています

f:id:irom-y:20170319223353j:image

f:id:irom-y:20170319223406j:image

水色はそこまで濃くはなく淡いオレンジ

味は緑茶に似た渋みはあるが後味に残る渋みがそこまでない

これまた飲みやすいお茶です

紅茶の中ではフレッシュな感じがあります

竹ごはん

竹ごはん試作4回目

今回は白ご飯

それと筍の燻製

あと筍と人参の炊いたもの

さすがに4回目となると炭に火をつけるのが早くなってきました

火力はそこそこ強め

1時間くらいで炊けて

f:id:irom-y:20170314225525j:image

こんな感じ

f:id:irom-y:20170314225606j:image

燻製も見た目はいい感じ

f:id:irom-y:20170314225627j:image

白ご飯に筍の燻製と筍と人参の炊いたものを添えて

問題の味ですが…

まずはご飯

水加減を失敗してかなり柔らかめ

竹の匂いとか全然

燻製はなぜかめちゃくちゃすっぱい

炊いたものは普通に美味しい

ということで結論

燻製は諦める!

次回は水加減を変えて試作してみます

水少なめと普通の

炊く時間とか味が変わるのかな?

 

花粉症で疲労困憊

本日も伐採

花粉症で鼻をずるずる言わせながら

f:id:irom-y:20170312212851j:image

カズラとか枝とかをまとめたり

あとは先週切り倒した大木を細切れに

しかし、チェーンソーの馬力が少し足りない

切り倒した時も思ったが

枝を切ってる時もなかなか切れない

片手でも使えるやつを買ったので仕方ないといえば仕方ない

枝を落としまくって

f:id:irom-y:20170312213056j:image

これを

f:id:irom-y:20170312213035j:image

ここまで

もう少し切れそうだが

根本は無理そう

f:id:irom-y:20170312214158j:image

こんな感じなので

もういっそのことベンチ的な感じにしようかと

f:id:irom-y:20170312214240j:image

景色もそこそこいいし

といった妥協です( ̄◇ ̄;)

あと20本ぐらい木を切ったら苗を植えるスペースが確保できそうなのでそこからは穴掘りに移行の予定

残ってるのは細いのばっかりなので来週で伐採終わりそう

今日は伐採で疲れたというより花粉症で疲れた

今年はひどい

去年は全然だったのに…

f:id:irom-y:20170312222303j:image

対策を考えねば

f:id:irom-y:20170312214336j:image

こちらはマーレグラッシアという海水温泉からの夕日

 

 

・今日のお茶

今回は台湾茶高山茶

f:id:irom-y:20170312214609j:image

こちらは母が台湾で買ってきたもの

種類としては青茶

いわゆる某Sトリーで有名な烏龍茶です

台湾茶(中国茶)は発酵具合で分類されていて

烏龍茶は半発酵茶

ちなみに紅茶が完全発酵茶で日本茶(緑茶)は無発酵茶になります

f:id:irom-y:20170312215406j:image

茶葉は丸まってます

これは布袋に入れて圧力かけて揉むかららしいです

f:id:irom-y:20170312215513j:image

まずは茶葉を開きやすくするためにお湯を注ぎます

このお湯はすぐに茶碗に入れて茶碗を温めておきます

f:id:irom-y:20170312220228j:image

次にお湯を注いで

30秒ぐらいで茶碗に入れます

f:id:irom-y:20170312220420j:image

水色はうすい黄色っぽい感じ

香りが花のような少し甘い香り

味はさっぱり苦味はほぼ無し

非常に飲みやすくごくごく飲んじゃう感じです

f:id:irom-y:20170312222350j:image

ちなみに青茶は5煎ぐらい出せますが日本茶ほど味の変化はありません

その代わり香りがけっこう変化します

香りバランスが変わっていくので非常に面白いです

ちなみに我が家が目指すお茶はこの青茶だったりします

竹の活用週間

 今週は竹三昧

・竹パウダーの作成

先週製造機のメンテナンスをしたので面白いように削れる削れる

これがずっと続けば相当楽なんですがね〜

・竹炭の取り出し

f:id:irom-y:20170309220848j:image

先週蓋をしてゆっくり冷ましてからの窯開け

f:id:irom-y:20170309221013j:image

うーむ

1/3は灰に

隙間が空いていたのか火が強かったのか

焚き口周辺は全滅です

それでもそこそこのが半分ぐらい

修復後初にしては上出来かな?

とりあえず隙間がありそうなとこを埋めて近いうちに再チャレンジです

・竹ご飯の試作(2回目)

f:id:irom-y:20170309221341j:image

先週の試作では火が強すぎて竹筒が燃えてしまったので今回は竹炭+木炭で

置き火を作り

f:id:irom-y:20170309221548j:image

2合×2の炊き込みご飯が入った竹筒をセット

竹筒が燃えないように火加減をしていたのですが

なかなか沸騰せず

火が弱いかと炭を追加したら竹筒から火が

火がついては消してを繰り返し

やっと沸騰

f:id:irom-y:20170309222652j:image

蒸らしついでに炊き込みご飯の具材の椎茸の残りを炭火で

f:id:irom-y:20170309222735j:image

そして完成!

前回はパキパキに硬かったご飯がふっくら

f:id:irom-y:20170309222827j:image

見事に炊き上がりました

底は火が出た部分が微妙に炭になっていておこげもありましたが問題なく食べれました

むしろおこげ美味しい

竹のほのかな香り

・竹の伐採

お隣の伯方島で竹の伐採

県の事業で筍の収穫整備の補助事業

f:id:irom-y:20170309223258j:image

ほどほどの斜面に竹がびっしり

f:id:irom-y:20170309223332j:image

バッサバッサと切り倒していきます

f:id:irom-y:20170309223404j:image

細い竹や枝はチッパーで処理

丸一日作業して

f:id:irom-y:20170309223446j:image

こんな感じ

分かりにくいですが

f:id:irom-y:20170309223512j:image

結構隙間が出来ました

一部しかできませんでしたがこれでいい筍が取れるようになってくれれば…

・竹ご飯試作(3回目)

またまた試作

f:id:irom-y:20170310192559j:image

今回は左から順に

1.竹筒にアルミホイルを巻いた白ご飯

2.竹筒にアルミホイルを巻いた炊き込みご飯

3,4.竹筒に入れた炊き込みご飯

の3パターン

 アルミホイルで竹筒が燃えないよね

と考えて竹炭+木炭でそこそこ強火

巻いてない方は炭を減らして中火ぐらい

な感じで火加減

なかなか沸騰せず

火が弱いかと炭を追加したら

沸騰はしたが竹筒から火が

アルミホイルの方は火は出なかったが

待てども待てども沸騰せず

2枚巻いていたアルミホイルを1枚にしても沸騰せず

白ご飯の方はその1枚も剥がれちゃって

火がついて

やっと沸騰

f:id:irom-y:20170310193221j:image

ほのかに竹の香りのする美味しい白ご飯でした

竹筒の外側は炭になりかけでしたがご飯に焦げは無し

f:id:irom-y:20170310193305j:image

炊き込みご飯もバッチリ

しかし竹で炊いた感はほぼなし

そしてどうしても焦げてしまう

アルミホイル巻いたやつは最終的に炭の中突っ込んで

なんとか完成

長時間火にかけていたせいか硬めのご飯

しかし白ご飯ほどではないが竹の香りが少し

結論

アルミホイルは無し

炊き込みご飯も焦げができてしまうのでやめようかという話に

おこげも美味しいんですがお客さんに出すのは難しいです

ということで

竹筒で炊いた白ご飯に筍を炊いたもの+ぬか漬け

このような形で次回試作

追加で筍の燻製もしてみます

あと筍のぬか漬けもできるらしいので次回かその次試してみようかと

 

 

 

 

 

 

 

難関突破?

3月末にお茶の植え付けをするべく開墾作業

100本苗を注文しちゃったので直線距離で100m以上開く必要があります

今の所50m弱ぐらい?

ちゃんと測ってないんでわからんですが

さて開墾作業、序盤の難関?は

f:id:irom-y:20170305233027j:image

この真ん中のでかい木

直径30cmぐらいかな?

これをネットで切り方調べて伐採

ぱっと見重心が写真奥の方向にいってるので

手前に倒すべくチャレンジ

まずは倒す方向に受け口を

切れ込みを入れていきます

これが案外難しかった

斜めに綺麗に切るってむずい

次に受け口の反対側から切っていきます

しかし途中で重心がかかってる側に倒れかかりせっかく切った切り口が塞がっちゃいました

本当は楔とかで塞がらないようにするらしいんですが…

まあチェーンソーが挟まらなくて良かった

そのあとは少しずつ切っていって

f:id:irom-y:20170305234338j:image

獲ったどー

じゃなかった

切ったどー

なんとか横に倒すことが出来ました

ここから細切れにしていかないといけないんですがそれはぼちぼち

f:id:irom-y:20170305234629j:image

倒したらえらい明るくなりました

これで一歩進んだ感じ

まだまだ植え付けまでは切っていかないと

f:id:irom-y:20170305234744j:image

そして夕日

相変わらずのいい景色です