読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大三島移住日記〜目指せお茶農家〜

しまなみ海道の真ん中、大三島での移住日記です。

竹炭リベンジ

本日は竹炭焼きのリベンジ

というか釜の補修後初の炭焼き

隙間をとりあえずできるだけ埋めて

これで大丈夫かな〜と不安な中

f:id:irom-y:20170526231228j:image

ぎゅうぎゅうに詰めて

f:id:irom-y:20170526231417j:image

蓋して粘土で隙間を埋めて

f:id:irom-y:20170526231811j:image

砂をかぶせて

f:id:irom-y:20170526231836j:image

火入れ

今回はなかなか温度が上がらず2時間近くずっと火を焚いてました

風がすごかったんで煙が目にしみるし…

f:id:irom-y:20170526232343j:image

煙が白くなって来て温度がある程度上がったら

火を消して熾火のみで

f:id:irom-y:20170526232433j:image

火口を狭めて酸素量を調整

後は自然に温度が上がっていくのを待つばかり

その時点で離脱

炭出しは月曜日

前回は結構灰になっちゃってたので

心配だ〜

 

 

 

 

 

ご縁

昨日、いろいろなタイミングが重なり

製茶の指導をされている方とお話が出来ました

 二子玉でお店をされていたそうですがそこを閉めて

九州や四国中央市に製茶の指導に行って

次に岡山に向かう途中で大三島に寄ったそうです

指導が終わったらインドに行くそうで…

協力隊の卒業生が東京にいた時からの知り合いらしく

その卒業生の方から来てるよ〜と教えてもらい話をさせていただくことに

雨が降っていたため大三島に来るのやめようかなと思っていたけど来たんだと

で自分は雨が降っていたためある作業がなくなり話を聞かせていただくことが出来ました

これぞ縁ですね〜

実際あまり時間がなかったのと自分の勉強不足で突っ込んだ話はあまり出来ませんでしたが

四国中央に指導に行っていた先が去年視察に行かせてもらった所というこれまた縁だなという状況

で叩き込んで来たから一緒に作業して教えてもらえと言っていただき

電話で連絡もしていただき

本当に感謝感謝です

別れる時にいいお茶作ってねと言われ

いよいよ逃げられなくなりました(笑)

逃げませんけどね〜

 

f:id:irom-y:20170525191631j:image

写真がないので内子町の茶畑を…

内子町へ

内子町に視察に行ってきました

今回は茶工房 二の楽さんの所にお邪魔しました

こちらは普段は大阪

お茶の生産加工は内子町でという方

べにふうきで緑茶と紅茶を生産しており

全て自社加工

同じべにふうきで紅茶を作ってみたいと思っているので見学させていただきました

畑の場所は非常に分かりにくく

人に聞きながらやっと到着

着いたら茶摘みは終わってました^^;

f:id:irom-y:20170520234852j:image

広さは2反ほど

f:id:irom-y:20170520234958j:image

こちらは次の日に刈り取るということで新芽が残っています

茶葉を運びのをお手伝いして

f:id:irom-y:20170520235130j:image

加工場へ

右の建屋で加工をしています

中はあまり載せるのは良くないのかなということで省略

小規模なのでライン設備ではなく個々の工程で機械が分かれていました

夫婦でやられているのですが

5月の茶摘み加工を手伝いに神戸から来られている方もいました

毎年来られているそうで

色々話を聞かせていただき

いろんな所に行って引き出しを増やしなさいと何度も言われ

大変勉強になりました

f:id:irom-y:20170520235754j:image

その後、内子町の町並保存地区をぶらり

本当は内子町の協力隊の方々とも会いたかったのですが時間がなかったのでやめときました

今度は泊まりとかでゆっくり来たいですね

植え付け完了

やっと植え付け終わりました

f:id:irom-y:20170515212314j:image

前に植え付け完了していたべにふうき30本

今回完了したさえみどり40本

苗木が届いてから1ヶ月以上

いろいろ想定外なことがあったり

読みがめちゃくちゃ甘かったりで

ずるずると時間ばかりが経過して…

でも終わった!

いや、やっとスタートに立ったんですけどね^^;

これからは水やりと草刈りとが待っています

 

そして…

早速イノシシにやられました…(´;ω;`)

f:id:irom-y:20170515215709j:image

何回かこんな感じで苗木のまわりを掘られたり

f:id:irom-y:20170515215740j:image

植え穴を掘られたりはあったんですけど…

f:id:irom-y:20170515215808j:image

ついに苗木が犠牲に(´;ω;`)

根っこがちょろっと残っているくらい

これって復活するのかな…

とりあえず埋めなおしてみましたが

なんかダメそうなので残ってる苗木を植え直しです

イノシシ対策を考えないといけないですね

柵をつけるのが一番なんですが

他所様の土地だし…

お試し植えだし…

ということで柵以外の方法なんかないかな〜

とりあえず近くに罠を設置しときましょうかね…

 

紅茶作り(お試し)

柑橘畑の垣根のお茶の木

この新芽で紅茶作りです

茶葉の重量が70%以下になるまで萎凋

1日半以上かかりました

今回は萎凋の度合、発酵の度合を変えて

2種類作ってみます

深い方は重量が66%の時点で萎凋終了

浅い方は60%

f:id:irom-y:20170514181320j:image

そこからボールに入れて揉み揉み

40分ほど揉んだら

f:id:irom-y:20170514181406j:image

発酵に入ります

表面が乾かないように濡れ布巾をかぶせて

深い方は4時間放置

浅い方は3時間

f:id:irom-y:20170514181725j:image

こちら深い方

f:id:irom-y:20170514182423j:image

こっちが浅い方

完全に茶色になる前に

130℃くらいに予熱したオーブンに投入

f:id:irom-y:20170514181823j:image

10分経ったらオーブンから出し

f:id:irom-y:20170514181844j:image

フードドライヤーで乾燥

3時間乾燥させてとりあえず完成

深い方は重量が元から22%に

浅い方は23%

出来たのがこちら

f:id:irom-y:20170514223209j:image

こっちが深い方

f:id:irom-y:20170514223232j:image

こっちが浅い方

浅い方がちょっと緑っぽいかな〜ぐらいの違い

見た目はほぼ同じ

匂いは浅い方が少し青臭いかな〜

f:id:irom-y:20170514223923j:image

いれてみると(左:深い方)

水色はほぼ同じ

やっぱり匂いは浅い方が青臭い

製品になっているのと比べると深い方も青臭いが全然飲めるレベル

後は火入れをするか熟成させるかで変わってくると思うのでどうなるか

火入れはなかなか管理が難しいので

脱酸素剤をいれて半年くらい寝かせてみます

 

まあとりあえず成功?なのかな?

まだまだ回数をこなさないとなんとも言えません

次は2番茶の時期に再チャレンジです

 

 

 

茶摘み(お試し)

柑橘畑の垣根としてかろうじて残っていたお茶の木

f:id:irom-y:20170512171030j:image

三月に適当に剪定した所から新芽がニョキニョキ

今回は紅茶に加工しようと思うので先端から3〜4枚の葉っぱを摘みました

f:id:irom-y:20170512171709j:image

足場が悪いため思うように摘めず

とりあえずこの量で良しとします

 ざっくり水洗いしたらザルに広げます

f:id:irom-y:20170512215415j:image

これが萎凋という工程

葉っぱの水分量を半分くらいに減らしていく工程です

この萎凋によって発酵度合が変わるらしく

深く発酵させるためには萎凋を短く

浅い発酵は萎凋を長く

今回はどっちもやってみようと思います

だいたい時間は1日くらい

今日は雨が降ってるのでもっとかかるかも

明日になってからのお楽しみです

新聞デビュー

東京に結婚パーティーに行った以外は

イベントのスタッフや農作業で終わったゴールデンウィーク

最終日にこの間、取材を受けた内容が記事になりました

 f:id:irom-y:20170507214739j:image

愛媛新聞さんありがとうございます!

まさか自分が新聞デビューするとは…

カーラジオで流れてたとメールをもらったり

お風呂で新聞見たよ〜と声をかけてもらったりと

さっそくの反響にびっくり

記事の内容的にはこれから始めますよ〜的な内容なので

これで何かが変わるわけではないのですが

自分のしたいことが少しみんなに知ってもらえたかな〜という気持ちです

これでいよいよ逃げられなくなりました(笑)